ハッピーメールで出会い、エロチャットをLINEで始めた28歳のユウジさん。
とっても優しげな口調に、安心感を持ちました。
私の下着の色を聞いてきて、それを教える。
それだけでも、気分が上昇していきます。
「萌のパンツのクロッチ部分、恥ずかしいシミがあるんじゃないの?」
「…か、も…です…」
「調べてみて」
「はい…」
すっかりユウジさんの誘導に乗ってしまっていました。
「シミています…」
「いやらしい…萌、濡らしているんだね」
「う、うん」
心の底から湧き上がるエロチズムに、ハートに火がついて行くのがよく分りました。
「ほら、パンツの上から敏感なところを刺激してみて」
「はい…っはぁ…」
「どの部分を触っているの?」
「く、クリです」
オナ指示をだされ、エッチな言葉を使われ、すっかり相手に飲み込まれてしまう私。
支配されている感覚に、体のしびれが止まらない状態でした。
「直接、声を聞きながらオナニーをしてみない?」
通話の催促に「はい」と、素直に返事をしました。
そこからはテレセがスタート。
「萌のあの声で、オチンチンがすごく大きくなってしまったよ」
「びしょ濡れで、エロい音が出ているんじゃないのか?」
「オチンチンを想像してしまっているんだろ」
こんなことを言われ続けてしまうんです。
気持ちよすぎて、いつしかセックスしたい気持ちにまでなってしまっている私。
ユウジさんに、こってりとした指示を出され、その通りにオナニーをやり続けてしまったのです。
随分前にツーショットチャットでやった時のような、激しい快楽。
今回は男性の声付きです。
より激しいエクスタシーが、全身を貫いていきました。
ユウジさんとの電話エッチで、複数回のアクメを感じていきました!

 

 親友の七海から教えてもらった出会い系サイトで、好調なスタートを切れました。
とっても紳士的、それでいてエロチズム溢れる通話を味わわせてくれた方と知り合えました。
久しぶりの激しいアクメに、私の体は打ち震えてしまいました。
定番サイト登録無料
オナ友募集サイトBEST5
エロチャットできるオナ友を探すならココ!