エロイプで豪快気味に責め立ててくれた、ナツヒロさんも、私のハートを燃やしてくれる1人でした。
豪快気味ではあるけれど、しっかりと優しさも持った男の人です。
私本位に考えてくれ、私が感じるように導いてくれた方。
この方の、黒光りするオチンチンに、私の性的な欲望が激しく渦巻くばかりでした。
本当に、人によって責め方が違う。
それがとても新鮮なのです。
ユウジさんとも、リョウタさんとも違った悦楽がそこにはありました。
何度か、オナニーの見せ合いを楽しんだ後、セフレになりたいと言い出してくれたのです。
繰り返し通話をした間柄ですから、相手の安全性も熟知できていました。
実際に会ったら、もっと激しい興奮が私に訪れるのは確実でした。
断るという選択肢を、考えることができませんでした。

 

 体が大きくスポーツマン。
明るい性格で、もしかしたら私にフィットしているのかな?と思える部分を感じてしまったのです。
彼の運転する車で、ホテルに向かいました。
にこやかに、話し掛けてくれます。
ホテルに行くまでのドライブも、退屈することがありませんでした。
ナツヒロさんの黒光りするオチンチンを見るのは、それから20分後でした。

 

 私がシャワーから出ると、すぐにオチンチンを見せ出します。
オナニー鑑賞して欲しいと言うことでした。
ビデオ通話で見た、とっても逞しい肉棒が目の前に。
笑顔でシコシコと始めます。
何度見ても、やっぱりうっとりしてしまうほどエロチックです。
途中私のバスタオルを取り、私の裸を見ながらシコシコやりだしました。
裸を見られている興奮。
男の人のオナニーを見ている興奮。
「足を広げてみて」
「はい」
開脚すると「マン汁が溢れ出してるんだね。一緒に楽しむかい?」と、言ってくれました。
オナニーの見せ合い…。
やっぱり生だと、興奮が半端じゃなく変わってきます。
ひとしきり見せあって楽しんだ後は、やっぱり豪快な絡み合いになりました。
激しく中で動かされ、何回も絶頂を迎えてしまいました。
定番サイト登録無料
オナ友募集サイトBEST5
エロチャットできるオナ友を探すならココ!